バイオテック・ホーム > ろ過・フィルター製品トップ  >  気体のろ過 > エンフロン HTPFRはどのようなアプリケーションで選択すべきですか?

 

 

エンフロン® HTPFRはどのようなアプリケーションで選択すべきですか?

 

エンフロン HTPFRフィルターカートリッジは、重要な気体のろ過滅菌用フィルターとして特別に設計されているため、バイオ医薬品およびバイオテクノロジー産業の製造工程において、以下のようなアプリケーションで使用すべきです。

 

  • ろ過する気体が連続的に60ºCを超えるような高温下での気体ろ過

    例:オートクレーブ、発酵の供給空気、無菌充てん/ブローフィルシール、高温の注射用水(WFI)タンクのベント

  • オゾン水タンクのベント
  • バイオリアクターへの高濃度の酸素の供給

 

上記のアプリケーションにおいては、エンフロン PFRではなくエンフロン HTPFRの使用が適切です。

 

エンフロン HTPFRが高温下での気体ろ過やベント用として使用できる理由は、疎水性のポール製ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)膜(0.2μm)の二層構造を採用し、酸化に対して耐久性の高い構成部材を組み合わせているためです。

 

ハードウェア(サポートコア、アウターゲージ、エンドキャップ、アダプター)には、酸化防止剤が特別に配合されたポリプロピレンを採用しており、フィルターメディアのサポート材としては、可燃性を最小限に抑えるためにポリフェニレンスルファイド(PPS)を使用しています。これにより最大100°Cで長期間にわたり連続使用でき、120°Cでも短期間であれば使用が可能です。

 

詳細については、以下のアプリケーションノートをご参照ください。

 

ポール文書番号:USD3087 Safety Considerations for Gas Filtration in High-Temperature and Oxygen Enrichment Applications
ポール文書番号:USD2330 Sterile Vent Filtration on Ozonated Water Tanks
ポール文書番号:USD2311 Sterilizing Filtration of Enriched and Pure Gaseous Oxygen Employed in Cell Culture Applications

お問い合わせ

 

上記コンテンツで解決しない場合は、こちらよりお問い合わせください。