ポール バイオテック ホームページへ

細胞培養工程のスケールアップをスムーズに!

ポールのシングルユースバイオリアクターなら、3Lから200Lまでのスケールアップをたった6ヶ月で実現!

こんなお悩みありませんか?

 
■細胞培養工程のスケールアップにかかる時間を削減したい
■生産性・品質を維持しながら細胞培養工程をスケールアップしたい
■バイオリアクターの設置や操作方法が煩雑
■高い細胞数と生存率を実現したい
■大容量バイオリアクターは大きすぎて設置できない
 
 
 

Allegro™ STR シングルユースバイオリアクターなら解決できます。

 
細胞培養を行うには、培地の選択や細胞培養条件の最適化、コンタミネーションの回避など、多くの重要なパラメーターを決定しなければなりません。こうした要件を熟知しているポールは、ユーザーにバイオリアクターの設置や操作方法よりもアプリケーションの最適化に集中していただくために、今までにないシングルユースバイオリアクターシステムを開発しました。
 
 
 

Allegro STR シングルユースバイオリアクターが選ばれる6つの理由

 
1. 細胞培養工程のスケールアップを、生産性・品質を維持しながら短時間実現!
 

ポールのAllegro™ STRシングルユースバイオリアクターでは、3Lから50Lへ、そして50Lから200Lへ、細胞増殖プロファイル・生産性・品質を維持しながら培養工程のスケールアップができます。さらにP/V一定でのスケールアップが可能なため、短期間でスムーズな製造への移行も実現します。 

 

2. 人間工学に基づいた簡単でわかりやすい操作性!

 

人間工学に基づいた直感的な設計に重点を置いているため、オペレーター操作を最小限に抑えることが可能です。 シングルユース培養バッグの設置であれば、培養槽内に運び入れたあと、最低限のオペレーター操作で30分以内に設置ができます。 

 

3. 設置が素早く簡単におこなえる!

 

バイオリアクターのドア内側に描かれたイラストによる説明や、すべての接続部に付いているカラータグとラベルおよび設置順の数字によって、設置をすばやく簡単におこなえます。 

 

4. 高い細胞密度と優れた生存率の達成!

 

ポールのバイオリアクターは、キューブ型培養槽という独自のバイオリアクターデザインにより、高い撹拌能力と物質移動特性をもたらします。それによって、高い細胞密度と優れた生存率、さらにより高い発現レベルの培養を達成できます。 

 

5. 大容量なのにコンパクト!

 

ポール独自のキューブ型培養槽は、2,000 Lでも高さが3 m以下と全高の低いシステムデザインとなっています。そのため、今まで天井高の低さから大容量のバイオリアクターの設置を断念していた製造現場にも設置が可能です。 また高所での作業が大幅に削減され、オペレーターの方の安全を守ることができます。 

 

6. 導入後も安心!

 

ポールのバイオリアクターには、幅広いサポートをご用意しております。ポールは技術者とエンジニアの世界的ネットワークを有しているため、適格性確認、設置、トレーニング、保守点検からオンサイトでの修理までのテクニカルサポートなど、役に立つサービスをご提供いたします。 

 

 

基本情報

 

【ラインナップ】50 L、200 L、500 L、1,000 L、2,000 L

 すべてのスケール間で培養槽および撹拌翼の形状は幾何学的相似を保持しています。

【撹拌方式】エレファントイヤー(象の耳)型の直接駆動型インペラによる下部撹拌

【kLa】最大値 40 h-1

【撹拌性能】槽内を均一にするのにかかる時間は、各スケールで30秒未満

【細胞増殖のスケーラビリティ】ベンチトップのジャーファーメンターからのスケーラビリティデータあり(CHO細胞)

【主なアプリケーション】

■CHO細胞やHEK293細胞などの浮遊性動物細胞の培養

■Sf9細胞などの昆虫細胞の培養

■バッチ培養・フェドバッチ培養

■マイクロキャリアを使用したVERO細胞などの接着性細胞の培養

 

詳細はカタログをご覧いただくか、下記にございますフォームよりお問い合わせください。

 

 

導入事例のご紹介

 

米国Celltheon社

 
ラボスケールで最適化した培養プロセスを、たった6ヶ月で200Lへスケールアップ。成功の秘訣はこちらからご覧いただけます。

ポールとは

ポール・コーポレーションは、ろ過・分離・精製技術をコアソリューションとして、ライフサイエンスから一般産業分野に至るまで、幅広いニーズにおこたえするグローバルサプライヤーです。
1946年に米国で設立され、1966年から日本のさまざまな業界のお客さまに広く受け入れられてまいりました。
現在では、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで工場を稼働させ、日本においても、ろ過と分離に関して、研究レベルから生産に至るまで、幅広い製品ラインナップとサポート体制を整えています。

ポール・バイオテックは、ポール・コーポレーションの中で医薬品の研究開発からGMP製造をサポートするグローバルチームです。
細胞培養工程から製剤化・充填工程まで、お客様の医薬品製造プロセスをグローバル基準でサポートするプロ集団です。

 

お問い合わせ