接着細胞培養ソリューション

DOとpHコントロールにより安定した培養が行えるコンパクトな次世代型の接着細胞培養用シングルユースバイオリアクター

 

バイオテック・ホーム細胞培養トップ > 接着細胞培養

 

接着細胞の培養を自動化

 

接着性の細胞の増殖は、表面積により規定されるため、大量培養のためには必要な細胞数にあわせて接着表面積を増やす必要があります。従来から使われているマルチトレーやローラーボトルは、使用数量を増やすことによりスケールアップが可能となる一方、操作の煩雑化、設置面積の増大、培養条件の制御が難しいという課題がありました。

 

DOやpHをコントロール、フットプリントも最小

 

ポールの提供する接着細胞用バイオリアクターは、「最小フットプリントで培養パラメーターを制御」をコンセプトにデザインされた、次世代型の培養装置です。設定した条件にあわせて能動的にガスを槽内に導入して、培養期間中の溶存酸素濃度(DO)やpHをコントロールします。これにより安定した培養が行えるだけでなく、プロセスにおいて品質をつくりこむ品質リスクマネジメントの観点からも有効です。

また、どちらもあらかじめガンマ線滅菌された閉鎖系のシングルユースバイオリアクターのため、ほとんどの場面において グレードCの領域でご使用になれます。フットプリントも最小です。

最小フットプリントで

接着細胞用固定床システム

マクロキャリアを使用し高密度・大量培養を可能に
マクロキャリアを使用し高密度・大量培養を可能に
詳細を読む

遺伝子治療やワクチン製造で活躍する固定床式バイオリアクターです。不織布のマクロキャリアを使用して、わずか3.2 ㎡の設置面積に、最大培養面積500 ㎡を可能にする、高密度・大量培養用の閉鎖系の培養装置です。商業生産に最適なiCELLis 500+ と、研究開発用のiCELLis Nanoがあります。

マルチプレート型システム

細胞を回収し製品とする場合や、シードトレインに最適な接着細胞培養用システム
細胞を回収し製品とする場合や、シードトレインに最適な接着細胞培養用システム
詳細を読む

接着細胞培養に適したマルチプレート・バイオリアクターシステムです。従来のマルチトレーシステムから簡単にスケールアップが可能で、よりコンパクトなスペースで、自動制御が可能です。iCELLis バイオリアクターのシードトレインや、接着性の幹細胞の培養に適しています。

 

バイオテック・ホーム細胞培養トップ > 接着細胞培養