Pall Horizontal Logo- With Registered Mark

培養工程のスケールアップをスムーズに

3 Lから200 Lまでのスケールアップをたった6ヶ月で!

なぜ、Celltheon社は、ラボスケールで最適化した培養プロセスを、たった6ヶ月という期間で200 Lへスケールアップできたのでしょうか?

成功の秘訣

“プロセス開発とそれに続く製造を合理化する、スケーラブルなソリューションを選択できたことが成功の秘訣だと思います”

ーDivya Goel, MBS (Vice President of Business Development, Celltheon Corporation)

 

"すべては患者様の利益のためにープロセス開発およびスケールアップにかかる期間の短縮やコストを削減することは、結果的に患者様へ還元されます。

 

Celltheon SMART* プラットフォームで採用したAllegro™ STRシングルユースバイオリアクターは、キューブ型の形状と効果的なバッフルという次世代型のデザインで、高いkLa値とP/V値を実現できるのが最大の魅力です。Celltheon SMART プラットフォームでは、3 Lから50 Lへ、そして50 Lから200 Lへ、細胞増殖プロファイル・生産性・品質を維持しながら培養工程をスケールアップできることが確認できました。Allegro STR バイオリアクターシリーズが、P/V一定でのスケールアップが可能であることが、スムーズに短期間で製造に移行できた一因です。

 

培養工程のプロセス開発では、ラボスケールで最適化した培養プロセスをスケールアップする際に、品質と生産性の向上を両立させることが課題だといわれています。第一世代のシングルユースバイオリアクターでは、生産性を向上させようとすると品質の維持が難しくなるなど、品質と生産性の向上はトレードオフの関係にあると言わざるを得ませんでした。Allegro STRバイオリアクターは、品質も生産性の向上も実現できる、真のスケーラブルなプラットフォームといえます。"

Celltheon社がどのようにしてCelltheon SMART*プラットフォームの立ち上げを成功させたのか、ポスターをダウンロードしてチェックしてください!

Celltheon社の培養工程のスケールアップデータを今すぐチェック!

 

ポール・バイオテックホーム 細胞培養トップページ >Celltheon社200Lまでのスケールアップ