サポートされていないブラウザです。アップグレードをお願いします。 閉じる

ポール・バイオテック ニュース

過去に配信したニュースレターをご覧いただけます。

バックナンバー

バイオ医薬品 製造・プロセス開発に関わる技術にフォーカスし定期的に情報を配信しています。こちらのページでは過去に配信したニュースレターをご覧いただけます。配信時点の情報をそのまま掲載しておりますので、イベント、キャンペーン等は終了している可能性がございます。

第1号(2018年5月配信)

  1. 連続生産におけるウイルスろ過方法(オンデマンドウェビナー)
  2. バッファー用フィルターの選択ガイド(技術資料)
  3. 浮遊細胞培養用の大容量シングルユースバイオリアクターによるスケールアップ(オンデマンドウェビナー)

第2号(2018年8月配信)

  1. バイオ医薬品連続生産への最短距離を見つける方法とは?(電子小冊子)
  2. 細胞分離・清澄化技術の選択ガイド(技術資料)
  3. 遺伝子治療用ウイルスベクター製造に適したバイオリアクター選択の肝(技術資料)

第3号(2018年11月配信)

  1. フィルター完全性試験装置を選ぶコツとは?(技術資料)
  2. シングルユースの流体ハンドリングのための無菌性保証、トレーサビリティ、品質(技術資料)
  3. 遺伝子治療用ウイルスベクター製造に適したバイオリアクター選択の肝(技術資料)

第4号(2019年1月配信)

  1. 遺伝子治療用ウイルスベクターのプロセス開発を加速し、リスクを低減し、プロセスをシンプルにする方法とは?(技術資料)
  2. 新製品KANEKA KanCapA 3GプロテインAアフィニティー担体をお薦めする3つの理由
  3. シングルパスTFF技術を用いたInline Concentoratorによるプロセス生産性向上の検討事例(技術資料)

第5号(2019年4月配信)

  1. 遺伝子治療用ウイルスベクター製造の現状と商業生産を実現するためのEnd-to-EndのIntegrated Solutionの有用性(技術資料)
  2. ポールのミックスモード担体、陽イオン交換担体、既存ミックスモード担体の比較データの紹介(技術資料)
  3. 全自動ウイルス不活化システムによるプロセスのリスク低減(技術資料)

第6号(2019年8月配信)

  1. ダイヤフラムバルブのデメリット(交叉汚染・微生物汚染のリスク、乱流・差圧の発生)を解消する新技術 ARTeSYN DRVの紹介(技術資料)
  2. プロセス開発のアウトソーシングを成功に導く6つのポイント(技術資料)
  3. あなただけの遺伝子治療プロセスをデザインするバーチャルリアリティツールの紹介(ビデオ)

Upcoming Events

イベント

1st ANNUAL BIOLOGICS MANUFACTURING JAPAN 2019

シェラトン都ホテル東京

イベント

BioJapan 2019

パシフィコ横浜 展示ホール