Ebook:

 

『Seeking Solutions in Biopharma』

~10年かかるといわれていたワクチン開発がなぜ1年未満で~

これまで新規感染症のワクチンの開発には10年以上かかるとされる中、COVID-19のmRNAワクチンは1年未満という短い期間で実用化にたどり着きました。

 

この常識を覆すようなスピードが、ほかのありとあらゆるワクチンや治療薬の開発にも適用されるかというと、そうではないかもしれません。しかし、将来的に、医薬品の開発および製造がより効率的に行われるようになるために学べることが多くあるはずです。

 

このEbookでは、以下の点について8人のエキスパートがそれぞれの視点で論じています。

 

  • 医薬品開発ニーズの高速化への対応
  • プロセス開発にスピードとアジリティをもたらすには
  • Time-to-Market(市場投入までの時間)を短縮するには
  • 【事例】AstraZeneca社のCOVID-19ワクチンの迅速な開発

 

 

【タイトル】Seeking Solutions in Biopharma

 

【発行元】the Medicine Maker

 

【スポンサー】Pall Corporation

 

【ダウンロード方法】本ページのフォームに必要事項を入力後、ダウンロードいただけます。